眠気対策ナビでは、健やかな睡眠と眠たいに負けないための情報を提供していきます。

眠気対策ナビ-朝活女子ミズキの公式ブログ

眠気

【 眠気を抑える4つの対処法】昼間に襲ってくる睡魔を撃退しよう!

投稿日:

昼間に襲ってくる睡魔を、そのまま我慢し続けるのは大変なことです。

そのまま眠れれば一番幸せなことかもしれません。

現実にはそうはいかない場合が多いものです。

この記事では、「眠気を抑えるためのいくつかの方法」をご紹介します。

眠気を抑えるために体を動かす

ずっと同じ姿勢でじっとしていると、眠気が襲ってきやすくなります。

目の前のことに集中している時は眠くなりにくいようですが、単調な動きの場合に特に眠くなりやすいようです。

そこで眠気を抑えるために、少し体を動かして見ると良いでしょう。

背筋をピンと伸ばすだけでも、眠気を抑える効果があります。

それでもダメな場合はストレッチをしたり、少し歩いてみるのも良い方法です。

体を動かすことで眠気が覚めていきやすくなります。

外の風にあたったり、顔や手を洗うなどでも眠気を抑える効果があるでしょう。

また、体を動かすことで眠気を抑えるだけではなく、その後は集中力が増しやすくなります。

眠気を抑えるために口を動かす

車の運転中などに眠気がやってきた場合などは、口を動かすようにすると効果が期待できます。

誰かとおしゃべりを楽しむのも良いですが、一人で運転している場合はガムを噛むのも効果的です。

ガムは顎を動かし続けるので、頭の活性化にも繋がりますし、眠気も抑えてくれるのでかなりお勧めです。

眠気を吹き飛ばしてくれるような、刺激の強いガムなどを利用してみるのも良いかもしれません。

長時間の車の運転は最低でも2時間に1度は休憩を取り、事故を未然に防ぐためにも、眠気が起こらないように十分に気を付けたいものです。

他にもカフェインの入った飲み物は、眠気を抑える効果があると言われています。

コーヒーはその代表的なものですが、それ以外にも紅茶や緑茶など、カフェイン入りの飲み物はいろいろあるので、試してみるのも良いでしょう。

チョコレートなどの甘いものは、頭の働きを良くしてくれる効果が期待できます。

上手く利用して、眠気対策に役立てていきたいものです。

眠気を抑えるために短い休息を取る

眠気が襲ってきたら、1分でも良いので短い休息を取るようにするのも一つの方法です。

少し休むだけでも、眠気を抑えることができますし、その後の作業効率も高まります。

出来れば横になるとか、背もたれのある椅子で休むなどできれば一番良いでしょう。

疲労が溜まってきて、それが眠気になっている場合は、少し休むことで回復する場合もあります。

しかし、この場合はそのまま眠ってしまう可能性もあるので、アラームなどを利用するなど、決まった時間に確実に起きられるような工夫をすると良いでしょう。

いずれにしても、こまめに休息を入れることで、早めに疲労を解消できるので、眠気対策にも効果が期待できます。

眠気を抑えるために生活習慣を変える

夜型体質の人が朝型生活をやっても、体が適応しにくい場合もあります。

そのような場合は思い切って、夜型生活ができる環境に変えてみるのも一つの方法です。

通常は朝起きて、昼間に仕事をして、夜になったらねると言う生活が自然かもしれません。

しかし、夜行性の動物がいるように、人によっては朝型の生活が合わない場合もあります。

夜型の生活を続けていたほうが、中には健康状態が続けられるという人もいるかもしれません。

他にも精神的な疲労が溜まっている可能性があります。

精神的疲労は寝ても取れない疲れなので、他の方法で解消していくことが必要になってきます。

運動をしたり、好きなことをやったりすることで、精神的疲労を解消しやすくなります。

他にも入浴や音楽を聴くなど、リラックスできる時間を設けるのも良い方法です。

もちろん、やり過ぎてしまうと逆効果になってしまうので、適度に行うようにしましょう。

大幅に生活習慣を変えていくことはすぐには難しいものです。

まずはできることから少しずつ変えていくようにし、できるだけ疲労を溜めない生活を送れるように工夫していきたいものです。

生活リズムには個人差があります。

必ずしも、一般的な生活スタイルが全ての人に合うとは言えないでしょう。

それぞれ自分に合った生活スタイルを見つけ、それに合った生活をしていくようにしたいものです。

まとめ

眠気を抑える方法はいろいろありますが、まずは十分な睡眠を摂り、疲労を溜めないことが大切です。

その日の疲れはその日のうちに取るようにしていけば、眠気も少なくなるかもしれません。

睡眠不足の状態では昼間の眠気が起こりやすくなってしまいます。

眠気が襲ってしまうと、集中力が欠けてしまい、作業効率も悪くなってしまいます。

眠気を抑える方法をいろいろやっても眠い場合は、無理をせずに早めに休むようにしましょう。

また、長引くようであれば医師に相談することも必要です。

睡眠不足が続くと、眠気が襲う時間が増えてしまい、椅子に座っただけでも眠くなってしまうようになってしまいます。

そうならないためにも、やはり夜の睡眠をきちんと摂れるように生活習慣を見直していくことが重要です。

-眠気
-

Copyright© 眠気対策ナビ-朝活女子ミズキの公式ブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.